Blog

ブログ

入射角と打ち出し方向

こんにちは。
プロコーチの長本広治です。

ゴルフ上達のためには、ボールを適切にコントロールできるゴルフスイングを身につけることが大切です。

今回は、インパクトでの入射角とボールの打ち出し方向について考えてみましょう。

ゴルフスイングでは、地面からボールを打つ時にインパクトでのクラブの入射角をダウンブローに入れることが大切になってきます。
ボールをダウンブローにとらえるということは、スイングの最下点より手前、スイングの円の右側(右利きの場合)でボールをとらえることになります。

blog2_img1.jpeg

フラフープをスイングの円に見立ててスティックのラインを地面と仮定したとき、スイングの円と地面が交わるボールの位置でとらえるとダウンブローの入射角でボールをとらえることができます。

しかし、ダウンブローにボールをとらえるとビールがまっすぐに打ち出せなくなります。

blog2_img2.jpeg

スイングの円を上から見るとダウンブローに当たる位置はスイングの方向が右方向へなっています。
つまり、ダウンブローにスイングを行うと、ボールをとらえるときには、インサイドアウトの軌道になってしまいます。
また、クラブも開きやすくなるので、右方向へボールが飛びやすくなってしまいます。

このことをしっかりと把握してゴルフスイングを考え、振る方向と弾道のコントロールを作っていき、適切なスイングを行えるように練習することが重要です。