Blog

ブログ

クラブの種類について【初心者向け】

こんにちは

プロコーチの長本広治です。

今回は、ゴルフ初心者向けにゴルフクラブ(ボールを打つ道具)の種類について書いていきます。

ゴルフクラブといってもたくさんの種類があって、初心者の方にはどう違うのかわかりづらいですよね。
ゴルフというゲームは、ボールを自分の思った距離と方向へコントロールしていくゲームになります。
そのために、ボールの飛ぶ距離をコントロールするためにクラブを選んでいきます。
それなので、クラブの種類によって飛距離が変わるということです。

現代のゴルフクラブの種類は、大きく分けてウッド系、アイアン系、ユーティリティー(ハイブリッド)系、パターの4種類に分けられます。
では、まずウッド系について確認してみましょう。
img34.jpg
このような形でヘッドといわれる先の部分が丸く大きな形をしています。
もともとは、木の根を削って造られていたので、「ウッド」という呼び名になっています。
現代では、チタンやステンレスなど、金属でつくられています。

続いてアイアン系について確認してみましょう。
top_170824_718Family_600.jpg
このような形状のクラブでヘッドは、ウッドに比べて小さく、厚みも薄くなっています。
この名の通りアイアンは、もともと鉄製でした。
現代では、この鉄製に加えて、ステンレスやチタンなどの金属も使われるようになっています。
形状もたくさんあり、初心者用から上級者用までクラブの性能が違ってきます。

次にユーティリティー(ハイブリッド)系について確認してみましょう。
2006_s27_1.jpg
このような形状になっており、ウッドとアイアンの中間のような性能を持っています。
ウッドに似ていますが、ヘッドはウッドよりも小さく厚みも薄くなっています。
また、アイアンの形状に近いタイプのものもあります。

最後にパターを確認してみましょう。
photo00.jpg
形状、種類は数えきれないほどたくさんあります。
役割としては、最後にボールを正確に転がしてカップ(ホール)の中へ入れます。

このようにゴルフゲームでは、距離と状況に応じて
ゴルフクラブを使い分け、できるだけ少ない数でボールをカップの中へ入れます。
また、自分に必要なゴルフクラブをセッティングしておき
場面に応じて、適切に選択していくことが重要です。

ゴルフクラブは、ゴルフバッグ(キャディバッグ)に入れて運びますが
ルールでは、14本まで入れて良いことになっています。

「ゴルフスタジオZAMET」でのレッスンでは、
各クラブを適切に打てるようにレッスンを行っています。
また、コースでの実践レッスンもありますので、
初心者の方でも安心してコースデビューができます。

youtubeチャンネルもチェックしてください!
https://www.youtube.com/channel/UCvV5zVAjd0Lh2cXuAeJmRPw

随時、体験レッスン受付中!
プライベートレッスンの体験はこちら≫


---------------------------------------------------
東京都港区赤坂のマンツーマン専門
ゴルフレッスンスタジオ「ZAMET」